肌によいビタミンはこれ!

ビタミンは昔から肌に良いものだと言われてきていますが、ビタミンにも様々な種類があってそれぞれに働きも違います。 ビタミンCはその肌に良いビタミンとしては代表格と言っても良いほどに有名ですね。 細胞を作る働きをしていて、角質層の下にある真皮を丈夫にします。 そして、抗酸化ビタミンの一種なので肌の酸化を抑えてくれます。 ビタミンEは血の血流を良くして皮膚病の治療に良いとされており、今では外用薬としても用いられています。 これも、抗酸化ビタミンの一種です。

ビタミンBは、身体の脂肪を燃やす働きをしてくれるのでニキビの治療に役立ちますので、ニキビが酷い方はこのサプリを飲む事をお勧めします。 ビタミンAもビタミンCやビタミンEと同じく抗酸化ビタミンの一種で、肌の老化防止や酸化防止に優れています。 ビタミンDは外用薬として肌の皺伸ばしに良いとされています。

肌に良いビタミンの事を一通り説明していきましたが、全体的な事を簡単にお伝えしておきたいと思います。 ビタミンには、油性と水性という二つの性質があります。 水性のビタミンは体内に吸収されやすいので蓄積される事はあまりありませんが、油性のビタミンはサプリで過剰摂取して蓄積されないように気をつけましょう。 しかし、油性のビタミンでも食べ物からの摂取するとなるとサプリの様にビタミンの塊を食べている訳ではないので、蓄積される心配はそんなにはしなくても大丈夫かもしれません。 使い様によっては、肌に最大限の効果をもたらしてくれるでしょう。