肌荒れしたら洗顔方法を見直してみる

肌荒れは、洗顔を見直す事で改善できる場合もあります。 一日に何度も顔を洗っていると、必要以上に皮脂も流れ落ちていって乾燥肌になります。 また、洗顔料をちゃんと濯がなかったり、顔を洗わな過ぎるのも皮脂が毛穴に溜まってしまってニキビや吹き出物ができてしまいます。

洗顔をしている時に、肌を強く擦って洗うのはやめましょう。 特に、目や口、鼻の周りの皮膚は薄くて傷つきやすいので、優しく丁寧に筋肉の筋に沿って洗ってあげてください。 洗顔料を500円玉の量を手のひらにとって、空気を入れるようにしてよく泡立ててください。 なるべくきめが細かい泡を作ってください。 たっぷりの泡ができたところで、それを顔につけて泡を動かす様にして洗いましょう。 強く擦らなくても、泡の力だけで汚れや皮脂を落とすことはできます。 しかし、洗顔料も種類によっては手で泡立て難いものもあります。 そういう時は、薬局で販売されているネット形の石鹸入れや洗顔料を泡立てる為のスポンジなどを買って使いましょう。 お値段が少し高いものから安いものまでピンキリとありますが、石鹸入れのネットならお手頃で手に入ります。

また、蒸しタオルで顔を暖めて置くと皮脂が溶けて毛穴が開き、落ちやすくなります。 仕事から疲れて帰ってきて蒸しタオルを作るのが面倒だという方はもうさっそく熱いお風呂に入って皮脂を溶かしてしまいましょう。 顔を洗い終わった時にまだヌルヌルとしているところがあれば、もう一度その部分だけを洗ってください。