クレンジングを使い分けて肌荒れを防ぐ

女性にとって、お化粧をする事は日常茶飯事な事でしょう。 スキンケアは洗顔や化粧水や乳液、日焼け止めクリームをつけるという事が基本となりますが、毎日お化粧をする方であれば、クレンジングでのメイク落としも重要なスキンケアとなります。 メイクをしっかりと落とすのも大事ですが、肌になるべく負担が掛からないようにしなければいけません。

アイライナーやマスカラなどのアイメイク、ポイントメイクをつけている場合は、顔を洗うタイプのクレンジングを使う前にやっておかなければならない事があります。 それは、ポイントメイクリムーバーやクレンジングシートでアイメイクを落としておく事です。 それをしておけば、顔を洗うタイプのクレンジングを使った時に顔をあまりゴシゴシと擦って過度に肌に負担を掛ける事はありません。 ポイントメイクリムーバーやクレンジングシートを使う時も肌をあまり擦らずに軽く押さえてクレンジングを馴染ませる様にしましょう。 ローションタイプのクレンジングも脱脂綿に含ませてふき取るタイプとして使えます。

顔を洗うタイプのクレンジングはオイルタイプやジェルタイプ、乳液タイプやクリームタイプなど幾つか種類がございますね。オイルタイプはクレンジング力が強くてメイクが落ちやすいですが、クレンジング力が強い程に肌に負担が掛かってきます。 濃いお化粧をするのは習い事の発表会、遠出やデートをする時ぐらいにしておきましょう。 そうすれば、毎日肌に負担が強い方のクレンジングを使わなければならない事にはなりません。 また、そのようなタイプのクレンジングを使う場合はなるべく短い時間でメイクを落として肌に触れる時があまり無い様にしてください。

乳液タイプ、クリームタイプのクレンジングは敏感肌の方や肌のちょっと調子が悪くなっているという方にお勧めです。 肌にあまり負担は掛からないので、肌をマッサージをするようにしてじっくりと馴染ませてメイクを落としましょう。 薄化粧の時はこのタイプのクレンジングで十分にメイクを落とすことができます。

また、ジェルタイプのクレンジングは伸びが良く、洗い上がりがさっぱりとします。 しかし、アイメイクやポイントメイクを落とすのには不向きの様なので、これもお化粧の状態によって使い分けましょう。